ドキドール ラブドール購入ガイド

0件のコメント

ドキドール ラブドールはどう選ぶの?

ラブドールを購入する前に、これから購入するラブドールを充分に把握する必要があります。Tpeラブドールにしろ、シリコンラブドールにしろ、細かい選択項目があります。そして、貴方の注文通りに製造します!よさそうな感じでしょう!

ラブドール主に選択可能な項目は以下の通りです:

ラブドールの皮膚の色:

正常色/日焼け/ピンク/白い肌

 

ラブドールヘッド:

ヘッド部分は各種の体と連結できます。体を一つ選択し、多種類のヘッドタイプと組み合わせる事もできます。

ラブドールのウィッグスタイル:

 

ラブドール目の色:

 

ラブドール骨格選択:

一般的なメーカーは骨格を選択させます。ラブドールの骨格は種類豊富だから!

新しい骨格は関節が数個多くなります。例えば、肩に骨格を増やすと、肩がすくまり、ラブドールに服を着せて撮影するのが更に簡単に! 

 

ラブドール乳房タイプ:

胸部補填、例えばTPEだと中身が詰まっているモノと詰まっていないモノを選べます。もちろん詰まっていない方が触り心地はいいですが、小さい胸の場合は、詰まっているモノで大丈夫です。具体的には自分の好みで選んでください。

 

ラブドール下半身構造:

ラブドールの膣部分は一体型と分離型に分かれています。一体型は文字通りで、分離型は単独の名器(ホール)をラブドールの体に入れた感じです。一体型はリアル感があり、分離型は洗浄しやすい。先ほどからラブドールの重量を強調していますが、大きいラブドールの洗浄は容易ではありません。膣部分に関して、メーカーは植毛の恥ずかしい選択肢を用意しています。増やすかどうかは個人の好みに任せますが、一つだけ注意すべきことは、これは鑑賞用で弄べない選択肢です。なぜなら、本当に落ちやすい…

 

ラブドール自立項目:

ベーシックバージョンは自立できません。強制的に立たせられますが、時間がたつと足裏の破損につながります。その為、ベーシックバージョンはポージングが限られるのでお勧めできません。ラブドールは座るかうつぶせになるかしかできません。

自立バージョンについて説明します。まずは、自立バージョンの足裏には三つの釘があります、露出型です。下図参照ください。

 

お分かりいただきたいのは、自立バージョンでも好きなように立てるわけではありません。大きなラブドールに対して、足裏の重心は小さい、その為、ラブドールをしっかり立たせるためには、手動でラブドールの体を調節し、重心を安定させる必要があります。多くの場合、壁などに寄りかからせてしっかり体を支える事で、長時間自立でき足裏を傷つける事もありません。

ラブドール加熱:

スマート加熱と言われます。その原理は、加熱線をラブドールの骨格に巻き付け、コードを差込で加熱線を加熱し、ラブドールを加熱します。

一般的な加熱線の制限温度は36-42℃、一回の加熱必要時間は30-50分間とバラバラで、ラブドール本体のシリコンの厚さは違うので、(胸やお尻の部分は厚い)配線による加熱効果はわずかです。ちゃんと加熱できるのは、シリコンの薄い場所に少し暖かさを感じる位です。ラブドールが人の体温になるとは思わないでください!加熱するよりも毛織物服を着せた方効果的!しかも、加熱版のラブドールは、厳重な防水措置をする必要があります。

ラブドールボイス機能:

通常のスマート発声、触る発声。ほとんどの製品が第三社オプションで、簡単なボイス内容を内装し、センサーチップを埋め込む事により、内装した音声を再生します。

続いてはAI会話ですが、ごく少数の工場が本当にAI会話機能の開発能力を持っているのみで、大多数の製品は普通のブルートゥーススピーカーと思った方がいいです。この機能はスマートフォンとの会話を使用しただけです。

ボイス、加熱、これらは現在ベーシック機能の身なので、お勧めしません。必要あれば、いつでもご連絡ください!

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。
You have successfully subscribed!